頬を触る人

数種類ある

医師

数種類ある

美容整形によって、顔のたるみを取り除くことができます。整形でたるみを取る方法は、いくつかあるのですが、現在多く使われているのはリフトアップと呼ばれる方法です。リフトアップは、手術によって皮膚を引き寄せて、たるみをなくします。別の方法もあり、糸を使って皮膚を引き締めます。この2つが主な方法なのですが、病院によって施術の仕方は少しずつ異なっています。どちらの方法を取っても、たるみを完全に取ることは可能です。手術でたるみを取る場合は、顔の中の一部を取り除きます。取り除く場所は、人によって異なっています。例えば、頬の皮膚を取り除く場合があります。皮膚を取り除くことで、頬を含めた顔全体が引き締まった感じになります。この手術の場合は、局所麻酔を使って行います。麻酔を使うので、痛みが出ることはほとんどありません。顔にメスを入れるので、傷跡が残らないように慎重な手術が行われます。手術を受ける前は、カウンセリングを受けることができます。自分の悩みを医師に話せば、それを解消できる施術を教えてくれます。医師の説明を聞いたうえで、手術を受けられるかどうか決められます。糸を使ってフェイスアップをする方法もあります。こちらは、体にメスを入れる必要はありません。この施術では、特殊な糸を使います。その糸には、とげがついており、それを引き上げることでたるみをなくします。皮膚の中に入れる糸は、施術後に溶けます。溶けるので、入れた部分に違和感があるようなことはありません。それでも、皮膚を引き締める効果は持続します。この方法の一番の長所は、痛みがなくて、心理的な負担が少ないことです。メスを入れる手術の場合は、恐怖を感じてしまう人がいますが、この施術は恐ろしさを感じずに、受けることができます。これ以外の方法もあります。よく使われるのは、ヒアルロン酸を注入してたるみを取る方法です。ヒアルロン酸には、皮膚を若返らせる効果があります。例えば、これを注入すると、たるみやほうれい線が消えていきます。この方法は、注射を使って行います。