頬を触る人

大きく印象を変える手術

女性

美容効果を上げるには

年齢を重ねることで、顔の肌にたるみが生じて目立つようになってきます。また、日々のメンテナンスだけでは足りないと感じるかもしれません。見た目に大きく影響しますので、実際の年齢よりも老けて見られてしまいがちです。明らかな自覚症状が出てくると気になってしまい、鏡を見るのも気が重いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えば、口角が下がってくる、フェイスラインがはっきりしなくなる等の症状は皮膚の劣化によるたるみです。皮膚を作るコラーゲン等の成分が老化によって減ってくることが主要因となり、顔の肌のハリを維持するのが難しくなってくるからです。老化は誰でも避けることができませんが、日々の努力で遅らせることもできます。もし劇的に変えたいということなら、美容外科に相談してみると良いでしょう。顔に現れた老化の兆しに対処するために、美容外科では個々の症状に合わせて適切な治療方法を選択します。たるみの原因と部位によって、最適な治療方法が異なってくるからです。原因の側面なら、老化による影響で皮膚のハリが低下したこと、もしくはシワの増加などを検討します。また、ほうれい線、目の周辺、眉間など、どの部位を対象とするのか、シワの深さやたるみの程度の診断も併せて行います。なお、顔にメスを入れるイメージがありますが、必ずしも手術だけでなく、他の方法を選択するケースもありますので、心配な方は医師とよく相談することが大切です。また、様々な治療法がありますので、事前に知っておくと余計な心配をしなくてすみます。病気の診断と患者の希望によって、治療対象と目的を明確にしていきます。医師の経験やスキルによって、違いが出やすいとも言えますので、実績があって評判の良い美容外科を選ぶことも重要です。たるみ除去の施術にいくつかパターンがありますが、選択のポイントは傷跡がどの程度で、いつから日常生活に戻ることができるか等です。メスを入れる個所と切開する程度によって、腫れが続く期間が予想できます。周囲の人間に気付かれずに、職場にもすぐに復帰できる手術であれば、忙しい人にも利用できて便利です。