美容医療で顔のたるみを解消|エイジングケアをはじめよう

小顔美人 顔の大きさによるコンプレックス改善
看護師

術後も安心のサービス

美容外科において顔のたるみの症状を改善する処置を受けると、カウンセリングと詳細な検査で適切な治療法をアドバイスしてくれます。また治療後のメンテナンスも充実しているので、安心して施術を受けることができます。

女性

大きく印象を変える手術

老化によって顔の肌にたるみが生じるのは、健康な皮膚の維持に必要なコラーゲン等の成分減少が原因です。日々のお肌のケアで足りず限界を感じるなら美容外科に相談しましょう。腫れが少なく負担のない手術であれば、誰にも知られず仕事復帰も可能です。

女の人

スッキリ痩せて見える

顔のたるみを改善できる美容整形が人気です。顔がスッキリとし、若く見られるようになるからです。原因を探り、適切な施術を受けてみましょう。例えば、肌のハリがなくなってきているのなら、美容成分の注入で蘇らせることもできます。

美容医療で老化予防

医者

自分にあった治療法を選ぶ

30歳を過ぎると気になってくるのが、ほうれい線などのシワやたるみです。早い人だと20代で顔のたるみが目立ち始めます。本格的にアンチエイジングをしたいなら、美容外科の美容医療の力を借りて、お肌のメンテナンスをするのがお勧めです。早め早めにメンテナンスをすることで、顔のシワやたるみが最小限で済みます。アンチエイジング系の美容医療は、美容外科で大変人気があります。そして、各クリニックでシワやたるみを取る治療法を導入しています。これから美容医療でアンチエイジングを目指すなら、それぞれの治療法のメリット・デメリットをよく理解しておくことが大切です。顔のたるみをすぐに無くせるのが、ヒアルロン酸、ボトックスなどの注射です。ヒアルロン酸はほうれい線に、ボトックスは表情じわに効果があります。ヒアルロン酸は注射してすぐに、ボトックスは1週間くらいで効果が出てきます。どちらもダウンタイムなし、大きな失敗のリスクもなしで、美容医療初心者にお勧めです。デメリットとしては、効果が続かないことです。持続力は、ヒアルロン酸は約一年、ボトックスは約3か月くらいです。そのため、長期的に顔の老化を予防したいなら、効果がなくなったら再度注射をする必要があります。注射系に抵抗がある人には、照射系の美容医療がお勧めです。フラクショナルレーザーは、肌の自然治癒力を生かして行う照射系のアンチエイジング法です。フラクショナルレーザーを肌に当てると、無数の小さな穴が空きます。肌が傷つくことで、新しいコラーゲンが生み出され、美しく艶のある肌に生まれ変わります。あえて茎を傷つけることで美しい花が咲く植物がありますが、それと同じ原理です。自分自身のコラーゲンを増やしてシワやたるみをなくす美容医療なので、あくまでも自然にアンチエイジングができます。フラクショナルレーザーは効果が高い治療法ですが、照射したあとは出血や赤みなどが起こるため、ダウンタイムがあります。肌が傷つけられている状態なので当然ですが、専用の軟骨を塗ってケアをすることが大切です。

鏡を見る人

若返りたいと願うなら

顔のたるみを手っ取り早くなんとかしたいと考えるなら、美容外科を訪れましょう。フェイスリフトやレーザー、ボトックスなど、解消するための方法は非常に多くあるので、それぞれのメリットとデメリットを踏まえて、自分自身で選択するのがオススメです。

医師

数種類ある

顔のたるみを取る方法は、リフトアップと呼ばれます。手術と糸を入れる2つの方法があります。手術では皮膚を取り除きます。糸を入れる方法は、手術はしません。特殊な糸を皮膚の中に入れて、それによって顔のたるみを取り除きます。